バストが小さいのがコンプレックス

私はBカップ程度しかなく昔から胸が小さいのがコンプレックスでした。そのため、誰にもみられたくないという思いが強く、胸のあいた衣服などを着ることも避けてきました。ファッションなどももっと楽しみたかったですが、胸元を強調するのを抑えようと思えばどうしても堅い印象の服を選ぶはめになってしまっていました。

ルーナブラ

コンプレックスが強いので、異性とのお付き合いでも自分をさらけだすことができず、思い悩むことも多かったです。10代の頃にバストアップに効果のある食べ物や、サプリメントの使用、体操なども行ったことがありますがあまり効果を得られず、諦めることにしました。一度太れば胸が大きくなるということも聞き太ってみたこともありますが、胸意外の部分に脂肪がつくだけでしたので、痩せても太っても胸が小さいなら痩せていて胸が小さい方がましだと思い、今はもうそのままとなっています。

現在20代後半ですので、おそらくバストアップはもう見込めないと思います。しかし、胸の大きさなんて気にしないと今の彼が言ってくれているので励みになっていますし、この年になって初めて自分をさらけ出すことができるようになりました。巨乳に憧れる心はありますが、胸で選ばれたわけではないということは、内面をみてくれたのだと思えますので、それはそれでよかったかなと思っています。今後も少し思い悩むことはあると思いますが前向きにいきたいと思います。