白髪の増えない効果について

健康で丈夫な髪を作る栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」

ここで質問!「髪は何からできているでしょう」。正解は…そうタンパク質(ケラチン)です。健康で丈夫な髪を育むには、良質なタンパク質を取ることが大事なんですね。タンパク質を多く含む食材には、乳製品、肉類、魚介類、卵、大豆類などがあります。

艶黒美人

それから、亜鉛も健康的な髪作りに一役買ってくれる存在。亜鉛を多く含む食材は、牡蠣、海藻類、レバー、肉類 (赤身)、ナッツ類、大豆、ごま、ほうれん草などがあります。亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると体内に吸収されやすくもなりますよ。生牡蠣や牡蠣フライにレモンをキュッ!美味しいだけでなく、栄養を吸収する上でもメリットがあったとは嬉しいですね。

肉類(赤身)、魚、大豆、ナッツはビタミンBやビタミンEも豊富。どちらのビタミンも健康な髪を育てるのに欠かせない存在です。もちろん、緑黄色野菜にもビタミンはたっぷりと含まれていますので、毎食欠かさずに食べるのがおすすめです。

黒々とした髪を作る栄養素は「カルシウム」や「銅」

髪に色をつける存在が色素細胞。この色素細胞を活発にしてくれるのが、カルシウムです。

実は、日本人の多くがカルシウム不足だって、ご存知ですか?

髪のためはもちろん、健康のためにもカルシウムは毎日取りたいもの。乳製品、小魚、海藻類、大豆、ゴマ、大根やカブの葉、小松菜などを、積極的に食べてみましょう。

もう一つ、黒い髪に欠かせない栄養素が銅。聞き馴染みがない栄養素かもしれませんが、メラニン色素を作る酵素は銅イオンと結びつくことで効果を発揮するんですって。銅を多く含む食材は、牡蠣、イカ、干しエビ、レバー、ナッツ類、大豆、えごまなど。ナッツ類は、腹持ちもよいので小腹が減ったときのおやつがわりにもおすすめです。