女性が気をつける線は「ほうれい線」だけではない

先日、友人のママ友から聞いてしまったんです。
それは私にとって新しい言葉であり、まさに新語という雰囲気だったのですが、最近の女性たちの間では認知度高いようです。
それは、「ゴルゴ線」と「マリオネットライン」という老化に伴って顔に出てくるシワのことです。

セシュレルの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトも紹介します!

私は、最近肌に元気がなくて、寝不足の時には特にほうれい線が目立つという悩みをママ友にしただけです。
でも、ママ友は、私の顔をしげしげと見て、そして「ゴルゴ線」と「アリオネットライン」という言葉を話し始めたのです。
私がたるんできているのは、頬のほうれい線だけではなかったのです。

目の下も、涙袋とは言えないほどの、大きなたるみがあり、これが漫画「ゴルゴ13」の主人公に似て見えるということで、「ゴルゴ線」というそうです。
そして口角が下がって見える、口元から顎にかけてできる、まるでマリオネットの口に見えるようなシワを「マリオネットライン」というそうなのです。

私は、さすがにマリオネットラインはまだ出ていませんが、それでも最近昔より、ちょっと幸薄い感じに見えるのは、「マリオネットライン」予備軍かもしれません。

確実にゴルゴ線はでき始めているので、このまま放置しておけば、どんどん顔が老けてしまうかもしれません。
忙しかったり、疲れていて、顔のケアも後まわしにしがちな今日この頃ですが、このまま顔に色々なラインができたら本当に困るので、なんとか食らいついてアンチエイジングを頑張らなければいけないと思いました。