陥没乳首

陥没乳首で、刺激をするとすぐにでてくるので特に思い悩んではいなかったのですが、出産をしていざ子供に母乳を与えるときに大変な思いをしました。

http://www.oya-films.org/

触ればすぐに出てくるタイプの陥没乳首だったのですが、赤ちゃんに母乳を与えるには乳首の長さが少し短かったようでなかなか上手く咥えさせる事ができませんでした。

産院での母乳訓練では助産師さんに乳首マッサージをしてもらったりもしましたが、母親の私も産まれてきた赤ちゃんも初めてのことでなかなか上手く母乳を与えることができません。

母乳の出はよかったのですが赤ちゃんが上手く飲むことができず、需要と供給のバランスがとれず入院最終日の夜にはおっぱいがパンパンに張ってしまい物凄く痛かったです。

結局、入院中に直母を習得することはできず、このまま放っておくと乳腺炎の心配があると言うとことで、搾乳器を購入しました。

退院後、授乳のたびに時間を決めて赤ちゃんと2人で乳首から母乳を飲んでもらうため猛特訓しました。

10分なら10分と時間を決め、時間が来たら搾乳器で1回分の母乳を絞り哺乳瓶から母乳をあたえました。

そうこうしているうちに、少しづつですが乳首から直接、母乳を与えられるようになり、産後の1ヶ月検診を迎える頃にはすっかり直母での授乳が出きるようになっていました。

そして、断乳を終えた今、赤ちゃんにたくさん吸ってもらったおかけで陥没乳首もすっかり治りました。